スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏バテ防止

ここ最近からまた夏らしい暑さになってきましたが

夏バテ対策はされていますか?

暑さで体が弱りやすい時に体には特にビタミンが大事だと

言われています 豚肉・ビタミンとは、私達が生きていくのに必要な代謝(化学反応)を助け、健康な身体を維持する上で、大切な役割をする栄養素です。

1日の必要な摂取量はわずかですが、不足すると様々な症状(欠乏症)をひきおこします。

このため、ビタミンはミネラルとともに、別名「微量栄養素」とも、呼ばれています。

そもそも、私達の身体の材料やエネルギーは、糖質(炭水化物)、脂質、たんぱく質から作りだされ、この3つは三大栄養素と呼ばれています。

しかし、これらの栄養素だけでは、健康な身体を維持することはできず、必ずビタミンやミネラルが、必要になってきます。

ビタミンは、わかりやすい例でいうと、自動車のオイル(潤滑油)にあたります。いくら性能の良い自動車を、ガソリン満タンにしても、きちんとオイルをさしておかないと、快適に運転できないのに似ています。

なのでしっかりビタミンを取って夏バテにならないよう心がけてください

ビタミンの主な食材と体の作用をあげますと

ビタミンB1ウナギ・にら・ごま・枝豆・玄米
糖質を代謝してエネルギーを生み出す

ビタミンB2
ウナギ・レバー・魚・ブロッコリー・パセリ
食物の消化を良くし、糖質を完全に燃焼させる

ビタミンB6
レバー・赤身の魚・玄米

ビタミンB12
レバー・貝類(アサリ・カキ・シジミ)・魚
脳の機能や神経の働きを正常に保つ

になります。是非参考にしてみてください
スポンサーサイト

お久しぶりです

なかなかブログを更新出来ずに早八月今日は何とか暑くなって良かった
夏は夏らしく暑くならないと夏のファッションが楽しめないよね。
短い諏訪の夏を思い切りエンジョイした後は、お肌のお手入れも忘れずにねっ秋からジャスミンでは全く新しいフェイシャルを始めます。お肌に悩みの有る貴女楽しみに待っててくださいね

体脂肪

こんにちは


今日暑いくらいですね、でも風が気持ちいいです!

今日は気にされてる方も多い、体脂肪についてお話させていただきたいと思います


20才時の体重から増えた分は体脂肪

人間は20才前後を境に、1年に1%づつ体力が落ちていくと言われています。定期的に運動を続けている人や20才を過ぎてから運動を始めた人は例外として、一般的に女性は33才、男性は27才頃から体重が増え始め、その増えた分はすべて体脂肪だと思って下さい。

 体形があまり変化していないのに体重が増えていれば生活習慣病の危険が増す内蔵脂肪型肥満、体形も変化していれば皮下脂肪型肥満と判断できます。増加体重が5キロを超えたら要注意、10キロを超えたら危険な状態です。


みなさんは20歳のときと比べて、どのような状態でしょうか

もし増えてしまっていたら、今日からでも少しずつ改善していけるように頑張りましょう

体脂肪

ウォーキング

こんにちは



だんだんと暖かくなってきましたね


ダイエットの中でも最も気軽にできるのがウォーキングです。


場所も選ばず、体重の気になる人でも足への負担が軽いので


いつでも始められます


体脂肪には皮下脂肪と、内臓を取り巻く内臓脂肪があります。


とくに内臓脂肪型の肥満になると、糖尿病や高血圧、狭心症などの


発症率が高くなりますこの脂肪を減少させるには、食事の管理と運動が


不可欠です。


ウォーキングは心臓や肺に適度な負荷をくわえ、大量の酸素を利用して


効率的に脂肪を燃焼させることができます。


30分歩くと3時間、1時間歩くと6時間は、筋肉の中で脂肪分を


燃やす酵素が働きやすい状態が続くので、肥満になりやすい体質そのものを


改善できます

さらに、脳細胞の退化を遅らせることができるので、記憶力、理性、協調性などを


つかさどる部分に働きかけます。


脳への刺激はわずか5分のウォーキングでも効果があります


気軽に少しずつウォーキングを毎日の生活の中に取り入れてみませんか

ウォーキングでダイエット



☆彡 諏訪のエステは、プチルーム・ジャスミン!



紫外線対策

こんにちは


だいぶ暖かい日が続く様になってしましたね


今日はこれから夏にかけて気になる紫外線とシミの関係について


お話させて頂きます


まずシミを作る原因は紫外線です


紫外線が肌を刺激してメラニン色素を作り


肌の色を黒く変色させてしまうのです


紫外線が一番強くなるのは3月くらいからですが


ある程度は一年中降り注いでいるので


紫外線対策は一年中必要です


日焼けによる肌の変色は、肌が紫外線の影響で


メラニン色素を余分に発生させたことで起こる現象です


若いときであればこんな日焼けをしても数日~数週間すれば


次第に日焼けが収まります


しかし加齢とともに肌の色が引きにくくなります


肌のターンオーバーが活発な若い時期であれば


日焼けによる不要なメラニン色素は肌の表皮から


自然に代謝されます


しかし年齢やホルモンなどの影響でメラニン色素が


特定の場所に集中し色素沈着して「シミ」となってしまうのです


今、なにもしていない方は


今すぐ紫外線対策をしてみて下さい



☆彡 諏訪のエステは、プチルーム・ジャスミン!



  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。